白い歯

ア歯科クリニックでは、歯を白くしたいという患者様のために、自宅で行うホームホワイトニングを提供しております。歯を白くする、というキャッチコピーのついた歯磨き粉を見た事はないでしょうか?自宅でできるホワイトニングと聞いて、そちらを想像する方もいるかもしれません。

しかし、薬局などで購入できる歯磨き粉は歯の表面の軽い着色を取ることはできますが、歯そのものを白くする効果はありません。歯の色自体を明るくするには、薬事法で医療用具として定められている過酸化物が必要です。

当院で行うホームホワイトニング

症例数の多い薬剤を使用

オパールエッセンス

当院では、アメリカの歯科材料メーカーが開発した、ウルトラデント社のオパールエッセンスというホワイトニングジェルをお渡ししております。世界でも幅広く使用されており、ホームホワイトニングを行う多くの方が使用しています。

安全性の高いホワイトニング

歯を白くすると聞くと、歯に悪影響があるのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ホワイトニングの原理は単純です。本来歯は、歯の内部にある色素によって黄味がかった色をしています。使用するホワイトニングジェルの成分である過酸化尿素には、その内部の色素を分解する力があります。その力を使って繰り返し色素を減らしていき、歯を少しずつ白くしていくのがホームホワイトニングです。ホームホワイトニングで使用する薬剤はオフィスホワイトニングのものと比べて低濃度のものなので、万が一少量飲み込んでしまったとしても、身体への有害性はほぼないと言われています。

ホームホワイトニングのメリット

好きな時間にできる

好きな時間でホワイトニング

ホームホワイトニングは一定期間毎日行わないといけませんが、何時にやっていただくかは患者様の自由です。例えば夜寝るまでの間に、朝歯磨きを終えた後になど、生活スタイルに合わせ、自分のペースでホワイトニングをすることができます。

後戻りしにくい

歯科医院で施術を受けるオフィスホワイトニングと呼ばれるホワイトニング法に比べ、ホームホワイトニングは歯が白くなるのに時間がかかる分、オフィスホワイトニングよりも色の後戻りが遅いとされています。

透明感が高い

透明感のある歯

ホームホワイトニングは、歯が白くなるまでに少しお時間がかかります。しかし、オフィスホワイトニングは一気に歯を白くするのに対し、ホームホワイトニングは内側からゆっくりと白くしていくため、白さが長持ちするだけでなく、透明感も高いという特徴があります。

ホームホワイトニングのデメリット

白くなるまでに時間がかかる

ホームホワイトニングは、始めてからすぐに歯が白くなるわけではありません。個人差はありますが、ホームホワイトニングによる変化は最低でも2週間かかると言われています。とにかく早く歯を白くしたい、という方には不向きです。

ホワイトニング中は飲食不可

着色しやすい飲食

マウスピースを使用するホームホワイトニングは、飲み物などを飲んでしまうとマウスピース内の薬剤が流れてしまうため、装着中の飲食ができません。トレーを外した直後もコーヒーやカレーなど、着色成分のある飲食や煙草も控える必要があります。どうしても飲食のコントロールが難しいという方の場合、ホームホワイトニングは不向きです。

ホームホワイトニングの流れ

お口の中の確認

診断

歯周病や虫歯がないか、ホワイトニングができない歯がないかをチェックします。また、ご自身での歯磨きが不十分ですと、ホワイトニングの効果が十分に発揮されない場合があるため、必要があれば歯磨き指導もいたします。

歯石や色素沈着の除去

ステイン除去

歯石やステイン(色素沈着)など、歯ブラシでは取れない汚れあると、その部分だけ薬剤が作用しなくなってしまいます。こういった沈着物を除去することで、均一なホワイトニング効果が期待されます。

歯型採り

シリコン印象材

マウスピースの作製には、歯の型採りが必要になります。歯の型取りは粘土のような、お口の中に入れてしばらくすると固まる材料でお取りいたします。型取りの際に気持ち悪くなりやすい方は、椅子の角度や材料の固さなどご配慮いたしますので、スタッフまでお伝え下さい。

マウスピースのお渡し

ホワイトニング用マウスピース

歯型取りからマウスピースの完成には少し時間がかかります。完成したトレーと薬剤をお渡しする際、使い方のご説明や注意事項などをお伝えいたします。ご不明な点がございましたら、遠慮なくお尋ねください。帰宅したその日からホワイトニングを始めることができます。

自宅でのホワイトニング

マウスピースとホワイトニングジェル

お渡ししたトレーに規定量の専用ジェルを入れ、毎日2〜3時間程ホワイトニングを行います。ホワイトニングを始めてから一定期間後には、経過確認のため来院していただきます。

自宅でホームホワイトニングする手順

歯を丁寧に磨く

歯磨き

歯の表面や歯間に汚れが残っているとムラになるなど思ったような効果が得られないので、歯磨きは丁寧にしましょう。

マウスピースに薬剤を入れる

マウスピースとホワイトニングジェル

マウスピースの内側にホワイトニング薬剤を入れてください。

薬剤の量ですが、1歯につき米粒の大きさくらいが目安です。

その際に唇側に入れると、外から見える部分を効率的に白くすることが出来ます。

マウスピースをはめる

はめる

薬剤を入れたマウスピースを歯にはめましょう。

はみ出した薬剤はティッシュオフする

ティッシュ

薬剤がはみ出したまま放置すると歯茎に刺激を与えてしまうので、余分な薬剤はティッシュでオフして下さい。

決められた時間装着する

装着

ホームホワイトニングは薬剤の濃度によって装着時間が決められています。装着時間は薬剤や歯医者によって差がありますが、時間を守らないと、効果が出ない、歯がしみる等の悪影響が出やすいので注意して下さい。

また、マウスピースを装着しているときに飲食や喫煙は出来ません。マウスピースは変形しやすいので、装着中に強く噛みしめないようにしましょう。

マウスピースを外して洗う

洗う

時間が来たらマウスピースを外し、ぬるま湯で薬剤を洗い流しましょう。薬剤が残っていると雑菌が繁殖しやすいので、優しく丁寧に洗い流すことがポイントです。

マウスピースを自然乾燥させる

自然乾燥

マウスピースは風通しの良いところで自然乾燥させるようにしてください。洗ったマウスピースに水滴が残っていると雑菌の繁殖に繋がります。

保管する

トレー

乾燥したら専用のトレーや入れ物などで保管するようにしましょう。

ホワイトニング適応外の方

ホワイトニングは、以下の症状及び全身的要因のある方には適応外になります。

  • 小児
  • 無力タラーゼ症
  • 妊娠期・授乳期の女性
  • テトラサイクリン変色歯
  • 歯の表面に大きな亀裂がある
  • 生まれつき歯の一部がうまく作られていない、エナメル質形成不全と呼ばれる歯

よく寄せられるご質問

色の後戻りはどのくらいで起きますか?
色の後戻りについては、食生活や歯磨き、喫煙などにより個人差があります。 約半年〜1年ほどで少しずつ色がトーンダウンする事もありますが、再度ホワイトニングをすることで歯の白さは戻ります。
差し歯や詰め物もホワイトニングで白くなりますか?
ホワイトニングは、ご自身の健康な歯を白くする方法です。 詰め物や差し歯などの人工物がある歯、神経を抜いた歯はホームホワイトニングでは白くすることができません。
ホワイトニング中の染みや痛みはありますか?
元々歯の組織が薄い方の場合、ホワイトニングのジェルにより知覚過敏を起こす事があります。 その場合は一度ホワイトニングを中断し、当院へご相談ください。

ホームホワイトニングにはデメリットや適応外の場合もありますが、歯が白くなる事によって予防意識が上がり、笑顔に自信が持てるようになる事から、ホワイトニングは心身の健康への第一歩にもなります。ホームホワイトニングをお考えの方は、当院のホームホワイトニングをご検討してみてはいかがでしょうか?

ご予約・お問合せ
お気軽にご相談下さい

受付
028-649-8020

診療時間休診:木日祝 ※祝日ある週は木曜診療

〒320-0801
栃木県宇都宮市池上町4-49 東武スマイルビル5F

東武鉄道宇都宮線・東武宇都宮駅 徒歩1分