食べ物を食べるときや会話をしているとき、顎が疲れたりだるくなったりする経験はありませんか?その症状がひどくなり、口が開けずらくなったり、顎を動かすときに痛みが出るといった顎関節症の症状が出たことのある方もいらっしゃると思います。この顎関節症は、決して珍しい症状ではありません。

顎関節症の原因

顎関節症の原因は様々です。原因は決して一つではなく、多くの要因が重なり、その方の限界を超えると発症すると言われています。

歯ぎしり、食いしばり

歯ぎしり

歯ぎしりや食いしばりがある場合、必要以上の力が顎関節にかかり、炎症がおきてしまう事があります。

歯列接触癖

咀嚼筋の疲労

本来であれば上下の歯は、会話をするときやものを噛むときに瞬間的に接触しますが、それ以外の時には接触していないのが普通です。例えば普段本を読んでいるときやテレビを見ているときには、上の歯と下の歯はほんの少し離れているべきとされています。

しかし、会話や食事以外でも上下の歯が長時間接触していると、咀嚼筋という筋肉が疲労し、顎関節にも影響が出てしまいます。

うつぶせや頬杖

頬杖をつく

うつぶせで寝る習慣や、頬杖をつく習慣があると、顎関節や筋肉が圧迫されて痛みが出やすくなります。

当院での顎関節への対処

セルフケアの推奨

顎関節症は、生活習慣の改善で軽減する事が多い症状です。痛みが出たときに固いものを食べないようにする、うつ伏せでの就寝や頬杖を避けるなど、セルフケアに気を付けていただく事をお願いしております。

マウスガードの作製

マウスピース

就寝中などの無意識下での食いしばりや、歯ぎしり防止のために、当院では症状のある方にはマウスピースの作製をしております。このマウスピースの作製は、保険が適用されます。

ご予約・お問合せ
お気軽にご相談下さい

受付
028-649-8020

診療時間休診:木日祝 ※祝日ある週は木曜診療

〒320-0801
栃木県宇都宮市池上町4-49 東武スマイルビル5F

東武鉄道宇都宮線・東武宇都宮駅 徒歩1分