治療の説明

ア歯科クリニックでは、虫歯や歯周病治療の他、親知らずの抜歯などの口腔外科治療も行っております。親知らずは、およそ17歳頃から生え始める歯を言います。この親知らずは必ずしも生えてくるという訳ではなく、歯茎の中に埋まったままの方や、そもそも存在しない方もいらっしゃいます。

親知らずには、他の歯と同様にまっすぐ生えてくるものと、そうでないものがあります。日本人は顎が小さめであり、親知らずが生えるスペースがあまりない事から、まっすぐに生えてくるケースが少ない傾向にあります。生え方によって、他の歯に悪影響を及ぼすことも少なくありません。レントゲンを撮らないと判断できない事も多い為、ご心配な方はお気軽にご相談ください。

親知らずの種類

正常に生えている

他の歯と同じように、歯茎からまっすぐに生えている親知らずです。咬み合わせがしっかりしていて、歯ブラシやフロスなどのセルフケアがきちんとできるような歯は、そのままにしていても問題はありません。

歯茎の中に埋まっている(完全埋伏歯)

埋まっている親知らず

歯茎の中に親知らずが全て埋まっている状態です。埋まっている歯と、隣の歯との距離が十分にある場合は問題ありません。しかし、距離が近く隣の歯を圧迫している場合、埋まっている親知らずによって隣の歯の根っこの部分が刺激され、根っこの一部を溶かしてしまう事があります。

傾いて生えている(水平埋伏歯)

横を向いている親知らず

歯茎から歯が出ているものの、前の歯に寄りかかるように斜めになって生えている親知らずです。多くは歯の頭が完全に出ているのではなく、頭の部分が歯茎から少し出ている状態です。歯ブラシだけでは十分に磨けず、虫歯になってしまったり、汚れがたまることにより炎症が起きてしまう事があります。

親知らずの治療

抜かなくてもよい場合

  • 親知らずが他の歯と同じようにまっすぐ生えており、うまく咬み合っている
  • 歯ブラシが届き、清掃が十分に行える
  • 虫歯や歯周病ではない

抜いたほうがよい場合

歯が痛い
  • 親知らずが斜めに生えている
  • 歯ブラシなどのケアが難しく、虫歯や歯周炎のリスクが高い
  • 無理やり生えてくることで歯が圧迫され、次第に歯並びが崩れてしまう
  • 歯茎の中で成長し、隣の歯の根っこを圧迫している

歯磨きが不十分になり、智歯周炎という炎症が起きてしまった場合には、炎症が落ち着いてから抜歯を行います。磨きにくく、生えている方向に異常のある親知らずは、炎症が起きて痛みが出てしまう前に抜いてしまうのが理想です。

抜歯の流れ

当院では、なるべくお痛みの少なくなるような治療を心がけております。抜歯後には痛み止めも処方いたしますので、不安な方も安心して処置を受けていただけます。また、埋まっている歯が深い場合や、基礎疾患のある方には、大学病院へのご紹介をしております。

麻酔

電動麻酔器

歯茎に表面麻酔をし、注射針を刺すときのお痛みがなくなるようにします。表面麻酔の後、今度は電動麻酔器を使用し、局所麻酔をしていきます。電動麻酔器での局所麻酔は、麻酔液がゆっくりと注入されるため、麻酔の際に痛みが少ない事が特徴です。

切開・抜歯

抜歯器具

歯茎に歯が埋まっている場合、歯茎を切開してから抜歯を行います。歯を抜く時には多少の力がかかりますが、麻酔をしているためお痛みはありません。

止血・縫合

歯肉の縫合

出血を止めるためにガーゼを噛んでいただき、圧迫止血を行います。歯茎を切開した場合には、切った箇所を丁寧に縫合していきます。

消毒

数日後、消毒ため来院していただき、経過を確認いたします。また、縫合した場合には抜糸を行います。

ご予約・お問合せ
お気軽にご相談下さい

受付
028-649-8020

診療時間休診:木日祝 ※祝日ある週は木曜診療

〒320-0801
栃木県宇都宮市池上町4-49 東武スマイルビル5F

東武鉄道宇都宮線・東武宇都宮駅 徒歩1分