治療の説明

ア歯科クリニックでは、虫歯や歯周病治療の他、親知らずの抜歯などの口腔外科治療も行っております。親知らずは、およそ17歳頃から生え始める歯を言います。この親知らずは必ずしも生えてくるという訳ではなく、歯茎の中に埋まったままの方や、そもそも存在しない方もいらっしゃいます。親知らずには、他の歯と同様にまっすぐ生えてくるものと、そうでないものがあります。日本人は顎が小さめであり、親知らずが生えるスペースがあまりない事から、まっすぐに生えてくるケースが少ない傾向にあります。生え方によって、他の歯に悪影響を及ぼすことも少なくありません。レントゲンを撮らないと判断できない事も多い為、ご心配な方はお気軽にご相談ください。

親知らずの種類

正常に生えている

他の歯と同じように、歯茎からまっすぐに生えている親知らずです。咬み合わせがしっかりしていて、歯ブラシやフロスなどのセルフケアがきちんとできるような歯は、そのままにしていても問題はありません。

歯茎の中に埋まっている(完全埋伏歯)

埋まっている親知らず

歯茎の中に親知らずが全て埋まっている状態です。埋まっている歯と、隣の歯との距離が十分にある場合は問題ありません。しかし、距離が近く隣の歯を圧迫している場合、埋まっている親知らずによって隣の歯の根っこの部分が刺激され、根っこの一部を溶かしてしまう事があります。

傾いて生えている(水平埋伏歯)

横を向いている親知らず

歯茎から歯が出ているものの、前の歯に寄りかかるように斜めになって生えている親知らずです。多くは歯の頭が完全に出ているのではなく、頭の部分が歯茎から少し出ている状態です。歯ブラシだけでは十分に磨けず、虫歯になってしまったり、汚れがたまることにより炎症が起きてしまう事があります。

親知らずの治療

抜かなくてもよい場合

  • 親知らずが他の歯と同じようにまっすぐ生えており、うまく咬み合っている
  • 歯ブラシが届き、清掃が十分に行える
  • 虫歯や歯周病ではない

抜いたほうがよい場合

歯が痛い
  • 親知らずが斜めに生えている
  • 歯ブラシなどのケアが難しく、虫歯や歯周炎のリスクが高い
  • 無理やり生えてくることで歯が圧迫され、次第に歯並びが崩れてしまう
  • 歯茎の中で成長し、隣の歯の根っこを圧迫している

歯磨きが不十分になり、智歯周炎という炎症が起きてしまった場合には、炎症が落ち着いてから抜歯を行います。磨きにくく、生えている方向に異常のある親知らずは、炎症が起きて痛みが出てしまう前に抜いてしまうのが理想です。

抜歯の流れ

当院では、なるべくお痛みの少なくなるような治療を心がけております。抜歯後には痛み止めも処方いたしますので、不安な方も安心して処置を受けていただけます。また、埋まっている歯が深い場合や、基礎疾患のある方には、大学病院へのご紹介をしております。

麻酔

電動麻酔器

歯茎に表面麻酔をし、注射針を刺すときのお痛みがなくなるようにします。表面麻酔の後、今度は電動麻酔器を使用し、局所麻酔をしていきます。電動麻酔器での局所麻酔は、麻酔液がゆっくりと注入されるため、麻酔の際に痛みが少ない事が特徴です。

切開・抜歯

抜歯器具

歯茎に歯が埋まっている場合、歯茎を切開してから抜歯を行います。歯を抜く時には多少の力がかかりますが、麻酔をしているためお痛みはありません。

止血・縫合

歯肉の縫合

出血を止めるためにガーゼを噛んでいただき、圧迫止血を行います。歯茎を切開した場合には、切った箇所を丁寧に縫合していきます。

消毒

数日後、消毒ため来院していただき、経過を確認いたします。また、縫合した場合には抜糸を行います。

外傷

転倒や打撲などで外傷が生じてしまった場合には、早急な処置が必要になります。なるべく早いお電話と来院をお願い致します。

破折

歯牙破折

特に上の前歯に多く、衝撃によって歯に亀裂が入ってしまう、歯が完全に折れてしまうなどの外傷です。例え見えている部分は大丈夫だとしても、歯茎の中に埋まっている根っこが折れている場合もあるので、レントゲン撮影での検査が必要です。程度によって処置は異なりますが、神経をなるべく残し、被せ物をするなどの治療を行います。

脱落

歯牙脱臼

外力により歯が脱臼し、歯が根っこから抜けてしまった状態です。歯が完全に抜け落ちてしまう完全脱臼と、歯が抜けていないものの、部分的にしか歯が固定されていない不完全脱臼に分類されます。早急な治療ができ、歯や歯茎など歯周組織の損傷が少ない場合には、脱臼した歯を元の場所に戻して固定する事ができます。完全脱臼で抜け落ちてしまった歯でも、根っこの部分が割れていなければ、再植することは可能です。しかし、歯の根っこと骨を繋いでいる歯根膜と呼ばれる組織は、30分以上室温環境に放置されると、90%以上が壊死してしまいます。もしも外傷などで歯が脱落してしまった場合には。決して水で洗ったり、消毒液などで消毒したりせず、そのまま牛乳に浸して歯科医院へ持参していただくようお願いしております。適切で早急な処置ができれば、歯を元に戻せる可能性が高くなります。

顎関節症

食べ物を食べるときや会話をしているとき、顎が疲れたりだるくなったりする経験はありませんか?その症状がひどくなり、口が開けずらくなったり、顎を動かすときに痛みが出るといった顎関節症の症状が出たことのある方もいらっしゃると思います。この顎関節症は、決して珍しい症状ではありません。

顎関節症の原因

顎関節症の原因は様々です。原因は決して一つではなく、多くの要因が重なり、その方の限界を超えると発症すると言われています。

歯ぎしり、食いしばり

歯ぎしり

歯ぎしりや食いしばりがある場合、必要以上の力が顎関節にかかり、炎症がおきてしまう事があります。

歯列接触癖

咀嚼筋の疲労

本来であれば上下の歯は、会話をするときやものを噛むときに瞬間的に接触しますが、それ以外の時には接触していないのが普通です。例えば普段本を読んでいるときやテレビを見ているときには、上の歯と下の歯はほんの少し離れているべきとされています。しかし、会話や食事以外でも上下の歯が長時間接触していると、咀嚼筋という筋肉が疲労し、顎関節にも影響が出てしまいます。

うつぶせや頬杖

頬杖をつく

うつぶせで寝る習慣や、頬杖をつく習慣があると、顎関節や筋肉が圧迫されて痛みが出やすくなります。

当院での顎関節への対処

セルフケアの推奨

顎関節症は、生活習慣の改善で軽減する事が多い症状です。痛みが出たときに固いものを食べないようにする、うつ伏せでの就寝や頬杖を避けるなど、セルフケアに気を付けていただく事をお願いしております。

マウスガードの作製

マウスピース

就寝中などの無意識下での食いしばりや、歯ぎしり防止のために、当院では症状のある方にはマウスピースの作製をしております。このマウスピースの作製は、保険が適用されます。