治療の説明

虫歯は、歯周病とともに歯の二大疾患ともいわれています。プラーク(歯垢)の中に存在している細菌が、磨き残しなどを吸収するときに吐き出す酸によって、歯を溶かしてしまうことから生じる歯の病気です。虫歯があって見られるのが恥ずかしいから、怒られるから歯科医院に行きづらい、という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、虫歯には歯の質や唾液の量など、ご本人にはどうしようもない要因も存在します。風邪をひきやすい体質だから恥ずかしい、病院で怒られる、と思うことはありませんよね。ア歯科クリニックでは、歯科医院に行く事が苦にならないよう、患者様の気持ちに寄り添った治療を心がけております。

当院での虫歯治療

なるべく神経を残す治療

歯は神経が無くなることで栄養がいかなくなり、脆くなってしまうことで、神経のある歯よりも寿命が短くなってしまいます。歯の寿命を延ばすため、自分の歯で噛んでいただくために、当院では可能な限り神経を残せるように治療を行います。

歯を削る部分は最小限に

感染してしまった箇所を綺麗に取り除かなければ、虫歯はまたそこから再発します。しかし、あまりにも大きく削りすぎてしまうと、削る必要のない健康な歯まで失われてしまいます。そのため、できる限り歯を削る箇所を最小限に留められるように、レントゲンや目視での感染範囲しっかりと確認して治療を行います。

痛みに配慮

電動麻酔器

虫歯の治療で不安なことの中でも、治療中の痛みが気になる、という方は多いのではないでしょうか?痛みが強いと通院も億劫になりますよね。当院では、できるだけ痛みに配慮する治療を心がけております。麻酔を使用する際には、お痛みのないよう表面麻酔を塗ってから細い針で注射をしていきます。また局所麻酔用の注射は、電動麻酔器を使用します。コンピューター制御によりゆっくりと麻酔液を注入していく電動麻酔器と比べて、手動の注射器での麻酔では注入の際に余計な圧力がかかってしまい、お痛みが出ることも多くあります。この電動麻酔器は電動によって理想的な注入スピードが維持できるため、注射の際に痛みが出にくい事が大きなメリットです。

根管治療に最適な材料を用意

ファイバーコア

根っこの治療が終わり、被せ物をする場合、強度を高めるためコアと呼ばれる土台を立てる必要があります。当院ではよりよい治療のため、サンメディカル株式会社のi−TFCファイバーをご用意しております。本来コアは金属ですが、この製品はファイバーコアと呼ばれる柔らかい素材でできています。金属を使用したメタルコアは、強い力がかかった時、素材が固い事から一点に力が集中し、そのまま折れてしまうことがあります。一方でファイバーコアはしなりに強いので、力を分散させることができ、折れにくい構造になっています。ファイバーコアは色が白く、メタルでは出せない透明感が出せる事から、白い被せ物をした時も綺麗に仕上がります。また、特許を取得した光ファイバーシステムにより、しっかりと固定され、長持ちするという特徴もあります。i−TFCファイバーは保険適用外のため、自費治療になります。

緊密な治療による再発防止

根幹治療器具

神経を取ったからと言って、その歯が虫歯にならないというわけではありません。神経を取った後には、神経の残りかすなどがこびりついています。こういったものを取らずに治療を終わらせてしまうと、細胞の残りかすを栄養源にして細菌が繁殖してしまいます。当院ではそうした取り残しがないように、専用の機械と薬剤を使って丁寧に残遺物を除去しております。

虫歯の種類

虫歯には、深さによって4つに分類されます。歯の構造は、大きく分けて3層に分かれています。私たちがよく見慣れた表面のエナメル質、その下にあるのが少し柔らかい象牙質です。そして最下層にある歯の神経は、歯髄と呼ばれています。

C1

エナメル質う蝕

虫歯がエナメル質だけにとどまっている状態です。自覚症状は殆どありません。比較的小さい虫歯のため、主にCR(コンポジットレジン)を用いて治療を行います。レジンは歯と同じような色をしたものを使用します。虫歯に感染した歯を機械で綺麗に取り除き、レジンで削った箇所を補填します。虫歯が一か所の場合は、治療は一回で終了します。

C2

象牙質う蝕

虫歯がエナメル質より歯の神経に近い、象牙質にまで及んでいる状態です。冷たいものを飲んだり食べたりしたときに、虫歯が染みることがあります。感染した範囲が広く、修復しなければいけない部分が大きい場合には、詰め物(インレー)での治療になります。広く大きい補修部位では、レジンを使うと耐久度が落ちてしまうため、金属などを用いて詰め物で治すことが一般的です。この場合綺麗に削った後、詰め物を作るために型取りを行い、完成した頃にまた来院していただき、新しい詰め物をセットする形になります。型取り後は、削った箇所に仮の蓋をいたしますので、穴に物が詰まるなどの心配はございません。

C3

歯髄のう蝕

虫歯が歯の神経である、歯髄にまで進行している状態です。冷たいものだけでなく、熱いものも染みる場合があります。神経にまで到達してしまうと回復が難しいため、神経を取り除く処置(根管治療)になります。麻酔をして神経までの歯を削り、慎重に神経を取っていきます。神経を抜いたら中を薬剤で綺麗に洗い、根っこの部分にお薬をします。炎症が落ち着いた頃に、材料を詰めて細菌が入らないように封鎖する必要があります。その後土台を作り、神経を取るため削った歯の代わりに、クラウンと呼ばれる被せ物をしていきます。インレーは部分的な詰め物ですが、クラウンは歯を覆い被せるもののため、歯を削る量も多くなります。

C4

歯冠崩壊

虫歯の中で一番重症なのがC4になります。虫歯によって歯の頭の部分が殆どなくなってしまい、根っこだけが残っているだけの状態です。この場合、残っている根っこも脆く残すことが難しい為、根っこから歯を抜かなくてはいけません。抜いた歯のスペースはそのままにしておくと、残っている歯に影響が出てしまいます。そのため、抜いた場所やご希望にもよりますが、インプラント、ブリッヂ、部分用入れ歯をいれる必要があります。当院では患者様のご希望だけでなく、お口の環境も含めて患者様と一緒に最適な治療法を考えていきます。

虫歯の治療は詰めたり被せたりしたらそこで終わり、というわけではありません。いくら綺麗に補修したとしても、そうなった原因を改善しなければ、何度も繰り返してしまいます。当院では虫歯を治療するだけでなく、虫歯にならないように歯磨き方法の指導や、歯石の除去など原因の改善を行います。治療後も定期的に検診を受けていただき、健康管理を行う事が大切です。

宇都宮で幅広い歯科治療を。
歯のことなら何でもお気軽に
ご相談下さい。

ア歯科クリニック
028-649-8020

診療時間休診:木日祝 ※祝日ある週は木曜診療

〒320-0801
栃木県宇都宮市池上町4-49 東武スマイルビル5F

東武鉄道宇都宮線・東武宇都宮駅 徒歩1分