ア歯科看板

「乳歯だから」「まだ子どもだから」という理由で歯科医院の受診を先延ばしにしてしまうと、虫歯が重度の状態まで進行し、恐怖心から歯科医院への通院が困難になってしまうことがあります。子供の歯は大人に比べて柔らかい事から虫歯になりやすく、進行が速い傾向にあります。当院ではできてしまった虫歯を治すだけではなく、子供のころから虫歯になりにくいお口の環境作りに力を入れております。小さいころから歯科医院に慣れていただくためにも、虫歯がない綺麗な状態でも、歯科医院の受診は早めにしていただくことが大切です。

ア歯科クリニックでは、お子様が怖がらずに楽しく通院していただけるように、小児の歯科治療に取り組んでおります。

当院の小児歯科治療

虫歯の治療

慣れるトレーニング

歯科医院にいく事で、怖い思いをしてトラウマになってしまうのではないかとご不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか?当院では最初からいきなり治療を開始するのではなく、歯科医院に慣れていないお子様の為に、まずはトレーニングから始めていきます。席に座ってもらう、風やお水の出る機械を見てもらうなど、怖い気持ちにならないようにゆっくり慣れてもらってから治療を行います。一人一人のペースに合わせ、無理やり治療を行うことはいたしませんので、ご安心ください。(症状の進行が著しく、早期の治療が望ましいと判断した場合には、治療をすることがございます。)

歯磨き指導

歯磨きの仕方

大人になって始めようとした習慣がなかなか続かない、といったような経験はありませんか?一方で、小さいころに身に着けた習慣は、大人になっても続く場合が多いですよね。お口の中も同様に、小さい頃からセルフケアをしっかり身に着けられると、成長後も適切な習慣が続けることができると考えられます。正しい歯磨きを続けられるようにするためにも、お子様への歯磨き指導は非常に重要です。年齢によってはご本人だけでなく、保護者の方にご指導することもございます。お子様一人でちゃんと磨けるようになるまでの間は、保護者の方による仕上げ磨きは必要になります。当院では、ベビーカーでもそのまま診療室に入ることができますので、小さいお子様をお連れの方も安心してご来院ください。

シーラント

シーラント

生えたばかりの歯はとても柔らかく、非常に虫歯になりやすい状態です。特に奥歯は溝が深く複雑なため、歯ブラシで十分に磨くのが難しい場所になります。そこで行うのが、シーラントという予防処置です。白いプラスチックの樹脂で虫歯になりやすい溝の部分を塞ぎ、溝を無くして虫歯をブロックします。歯を削ることはなく、かみ合わせにも影響は出ません。シーラントは永久的なものではないので、日常生活の中で知らず知らずのうちに外れてしまう可能性があります。外れていないかどうかの確認と、お口の中のチェックを行うため、定期健診に来ていただく事をお願いしております。

歯のクリーニング

歯のお掃除

当院では大人の方だけではなく、お子様にもクリーニングを行っております。固くなってしまったプラークや、細かい歯石、色素沈着などを専用の機械を使って除去していきます。歯肉のフチは特に磨き残しが多く、プラークが固くなると歯ブラシでの除去が難しくなってしまいます。こういった歯ブラシで取れない汚れは、歯科医院での機械的なお掃除が効果的です。怖い思いをしないよう、声をかけながら丁寧にクリーニングを行います。

フッ素の塗布

フッ素入りペースト

フッ素の塗布は、歯の質を強くするために行われている虫歯の予防処置です。ご家庭の歯磨き粉よりも高濃度のフッ素を塗布することで、虫歯になりにくい強い歯に近づけます。

フッ素の効果

フッ素には歯の健康には欠かせない、多様な効果があるのをご存知ですか?中には、フッ素は体に悪くないの?と思う方もいらっしゃるかと思います。フッ素はもともと天然に存在する元素のひとつです。私たちが普段口にするお茶などにも、微量ではありますがフッ素は含まれています。もちろん過剰摂取によっては、急性中毒になる可能性もあります。ただし、例えば体重10キロのお子様が、ご自宅にある歯磨き粉のチューブを一本丸ごと飲み込んでしまった、というような状況が起きなければ、中毒症状が起きることはありません。歯科医院でのフッ素塗布は、適切な量と時間を厳守しておりますので、中毒などの危険はありません。どんなものも多く摂取しすぎてしまうと、体にはよくありませんよね。同じように、普段通り正しく使用していれば、フッ素は私たちの歯を守ってくれる強い味方になります。

再石灰化の促進

再石灰化

本来お口の中は中性です。食事をしたり、砂糖の入った飲み物を飲んだりすると、中性から酸性になり、歯の表面が溶ける脱灰という現象が起こります。しかし、脱灰した表面は、溶けたままではありません。唾液が持っている力で溶けてしまった場所を補修する、再石灰化という現象が起こるためです。フッ素にはその再石灰化という、補修する力を促進する働きがあります。生えたばかりの歯はフッ素を取り込む量が多いため、定期的な健診とフッ素の塗布をおすすめしております。

細菌の抑制

フッ素で強い歯

普段はお口の中の残留物などを食べて酸を吐き出す事で歯を溶かす細菌ですが、フッ素には虫歯の原因となる細菌の食事を邪魔し、酸の放出を阻害する効果があります。

歯を強くする

お子様の歯

歯科医院で塗布されるフッ素は、高濃度のものが使用されます。歯に存在するハイドロキシアパタイトと、フッ素が結合して生成されるフルオロアパタイトは、虫歯の原因となる細菌が出す酸に強く、その丈夫な構造で歯を守ってくれます。虫歯の原因となる細菌に抵抗できる、強い歯を育て行きましょう。ただ、フッ素を塗ったからといって、虫歯にならないという事はありません。普段の歯磨きを頑張っていただくことが、一番の虫歯予防です。

成長中のお子様のお口の中は、変化が早く不安定です。歯が生えてきた、ぐらぐらしている、いつの間にか歯が黒くなっているなど、大人の方よりも安定していない状況と言えます。そんな不安の解消と、虫歯などの早期発見の為にも、歯科医院での定期的なチェックは非常に重要です。当院では変化の多いお子様の為にも、定期健診での通院をおすすめしております。

宇都宮で幅広い歯科治療を。
歯のことなら何でもお気軽に
ご相談ください。

ア歯科クリニック
028-649-8020

診療時間休診:木日祝 ※祝日ある週は木曜診療

〒320-0801
栃木県宇都宮市池上町4-49東武スマイルビル5F

東武鉄道宇都宮線・東武宇都宮駅
徒歩1分