歯の健康

日本では歯を残すための運動、8020運動が行われています。これは80歳になっても、自身の歯が20本残るようにと推進しているものです。平成28年度時点では、80歳で20本の歯が残っていた方は約半分の51.2%でした。8020運動前より割合は多いものの、世界的に見ても日本の歯の健康寿命はまだ低いといえます。

予防歯科の効果とメリット

歯の寿命を伸ばすためには、生活習慣病などと同じく、歯の病気になってしまう前に日頃からきちんと予防することが大切です。なにかが起きてから歯科医院へ行くのではなく、日頃から健診を受けて歯を健康に保つことが、全身の健康にも繋がります。

通院が少ない

受付

健康な状態を維持するための通院なので、治療と比べてはるかに通院回数が少なく済みます。その方の既往歴やリスク状況などにもよりますが、通院は3カ月おきに一回が一般的です。

早期発見が可能になる

早期発見

定期的な検診で発見される疾患は、痛くなってから受診した際に比べ、初期のものや軽度のものが多いです。もし検診の際に虫歯や歯周病が見つかった場合でも、進行した状態よりも治療を早く済ませることができます。また、治療中の痛みも低くなります。

治療費が軽減する

歯周病は特に、自覚症状があまりないまま進行していきます。症状が出るころには、中等度〜重度の状態である事が多く、治療する場合には、一定期間の通院が必要となることから、治療費もその都度かかってしまいます。歯科医院による定期健診と、患者様による予防がしっかりされていれば、その分治療費も軽減させることができるのです。

PMTCなど、予防歯科の診療内容

ア歯科クリニックでは、PMTCと呼ばれるクリーニングを行っております。歯科医師や歯科衛生士が行う、プロによる歯のお掃除方法です。専用の機械でプラーク(歯垢)や歯石を取り除くことで、歯周病や虫歯の予防と再発を防ぎます。

健康かどうかを確認

診断

虫歯、歯周病の症状がないかの確認をします。磨き残しがあるなどのリスクが高い歯の有無もチェックし、必要があればブラッシングのご指導もさせていただきます。

歯石取り(スケーリング)

歯石除去

歯石はプラークが石灰化して、石のように固くなったものです。表面が粗造でザラザラとしているため、細菌が住み着きやすいとされています。歯石は歯にしっかりとこびりつき、歯ブラシでは取れません。当院では超音波スケーラーという専用の機械を使い、歯の表面や歯と歯の間に沈着した歯石を除去します。超音波スケーラーは、固い歯石も超音波振動によって短時間で除去できるため、疲労感やお痛みなどが少ないことが特徴です。知覚過敏の強い歯がある場合や、超音波特有の音や振動で不快感がある場合にはお伝えください。

歯面を研磨(ポリッシング)

歯面のポリッシング

歯の表面に付着しているプラークやステイン(色素沈着)を除去します。歯科医院専用の、フッ素配合の歯磨き粉を使用して表面を磨いていきます。歯の表面が凹凸のない滑らかな状態になることにより、歯石やステイン、プラークが付着しにくくなります。この状態を維持することで、歯周病や虫歯の予防に繋がります。

毎日の歯磨きと定期検診でのクリーニング、歯科医師や歯科衛生士からの適切なアドバイスを受け、正しい予防習慣を身に着けることで、虫歯や歯周病から歯を守ることができます。

妊娠中における予防歯科のメリット

妊娠中の予防歯科

妊娠中のお口の中はホルモンバランスの変化によって、非常に不安定な環境になります。加えて、つわりなどにより歯ブラシが十分に実施できないことが多いため、虫歯や歯周病などの疾患が非常に起こりやすい状況です。ア歯科クリニックではお口の健康が全身に繋がっていることから、妊娠中でも予防歯科を行うことは重要だと考えております。

歯肉の腫れを軽減

妊娠により女性ホルモンの分泌が急激に高まると、口の中では様々な変化が起こります。例えば歯肉は炎症や出血が起こりやすくなることで、歯肉が腫れる妊娠性歯肉炎になりやすくなります。この歯肉炎は、妊娠期特有のホルモンが深く関係しています。丁寧な歯磨きや歯石取りによって軽減することもありますが、治りにくく、つわりなどでコントロールが難しい歯肉炎です。また、一般的に出産後ホルモンバランスが回復すると、症状は軽減します

虫歯や歯周病のリスクの減少

妊娠中は口の中を浄化する働きのある、唾液の粘つきが強くなるため、虫歯や歯周病の原因となるプラークが増加しやすくなります。また、女性ホルモンの増加によって歯周病菌が増殖しやすくなり、既に発症している歯周病が悪化しやすくなってしまう場合があります。虫歯ができてしまった場合には、安定期か出産後の治療をご提案しております。

早産や低体重児出産を防ぐ

歯周病になってしまった歯周組織から産生された物質が血流に乗り、妊娠したばかりの早い時期に子宮に到達すると、早産や低体重児出産に繋がる可能性が報告されています。

生活習慣病とのかかわり

最近の研究では、全身の疾患とお口の中の関わりが明らかになってきました。

糖尿病

糖尿病のチェック

歯周病になった際に組織から産生されるサイトカインという物質が、血糖値をコントロールしているインスリンの機能を阻害する事があります。歯周病を治療することにより、糖尿病の数値がよくなるという症例もあります。

虚血性疾患

心筋梗塞

歯周病菌や、細菌が出す内毒素が組織に侵入し、血流へ入り込んでしまう場合があります。血流に乗って冠状動脈に到達した細菌は、血管に沈着する物質(アテローム性プラーク)を形成します。そのプラークが流れ出し、細い血管で血栓を作ってしまうと、狭心症、心筋梗塞を発症します。歯周病と心疾患

骨粗しょう症

骨粗しょう症

歯周病になってしまった組織から生まれるサイトカインには、骨の代謝に影響を及ぼすものがあるとされています。

予防歯科は、ご自身で行っていただくセルフケアが第一です。いくら定期的に歯科医院で綺麗にお掃除したとしても、毎日のセルフケアを怠っていれば、悪い細菌がどんどん増えていってしまいます。患者様が適切なケアができるようにお手伝い致しますので、日頃の歯ブラシで取れない汚れは歯科医院にお任せください。

宇都宮で幅広い歯科治療を。
歯のことなら何でもお気軽に
ご相談下さい。

ア歯科クリニック
028-649-8020

診療時間休診:木日祝 ※祝日ある週は木曜診療

〒320-0801
栃木県宇都宮市池上町4-49 東武スマイルビル5F

東武鉄道宇都宮線・東武宇都宮駅 徒歩1分