トップページ > 歯周病

歯周病

静かに忍び寄る歯周病の恐怖

歯を失うだけではなく、他の病気を誘発する危険性があります 静かに忍び寄る歯周病の恐怖

歯周病は、むし歯と違ってあまり痛みを感じません。自覚症状がほとんどないため、つい放置してしまいがちです。しかし、手遅れになると大切な歯が抜け落ちてしまうだけではなく、身体の調子も悪くなり、他の病気まで誘発することもあるのです。

歯を失う大きな原因のひとつである歯周病。これを治す決め手は、むし歯と同様、「早期受診」です。どんな些細なことでも、歯周病のサインを見つけたら、まずは当院の扉を叩いていただければと思います。

たばこは歯周病の最大のリスク要因です

たばこを吸う人と吸わない人では、歯周病の病態に大きな違いのあることが明らかになっています。

  • たばこを吸う人と吸わない人では、プラークが溜まる量にあまり差がない。
  • たばこを吸う人には、炎症症状が隠れている。
  • たばこを吸う人は、本来体が備えている免疫機能が落ちている為、歯周病の進行につながりやすい。

最初にたばこの影響を受けるのが口です

たばこを吸う人の口腔内は、

  • 歯にタールが付いている(タールは発がん物質)。
  • たばこのニコチンのせいで毛細血管が収縮し、歯肉は暗い紫色。
  • 病気が進行しても、出血などの炎症症状が現れにくい。
  • メラニン色素が多く沈着する。
  • 歯肉が厚くなって、ゴツゴツしてくる。
  • 上アゴの粘膜に煙が直接あたるため、著しく隆起する。
  • 口内に白い斑点が現れる。

などの特徴があります。
とくにこの白い斑点が出てくると、それはがんの前触れともいえる「白板症」になっていく危険性もあります。

早めの受診、治療が必要なことはいうまでもありませんが、最大のリスクである喫煙を今すぐ止めることも、歯周病を予防する上で大変重要です。

ご自身の健康のために、またご家族の健康のためにも、禁煙を強くおすすめします。

電話番号 028-649-8020