トップページ > 小児歯科

小児歯科

早期受診、長期管理でお子さまの歯を守りましょう

早期受診、長期管理でお子さまの歯を守りましょう

「乳歯だから」「まだ子どもだから」という理由で歯科医の受診を先延ばしにするとどうなるでしょう。

その結果、むし歯が大きくなり、「腫れる」「痛みが引かない」などから食事ができなくなるばかりか、大切な永久歯にも影響が出る場合もあります。

一生、自分の歯でものを食べ、健康に過ごすために、乳歯のときから歯のケアをすることが大切です。

お子さまのむし歯の治療

むし歯が神経まで達していない場合は、むし歯に侵された部分を削り、白い樹脂をつめて、元の歯のようにします。

神経まで進んでしまった場合は、神経をとる治療や、むし歯になったのが奥歯なら、そこに銀歯を被せることがあります。

3歳以下の場合は、むし歯が進まないようお薬をつけて様子を見ることもあります。治療がすべて終了しても、むし歯の原因を取り除かなければ、再び新しいむし歯ができてしまいます。

当院では治療を繰り返さないよう、お子さまの年齢に合わせて、歯科衛生士が正しいブラッシングの指導とフッ素塗布を行っています。

ブラッシングの指導は、お子さまが歯を大事にしようという意識を高める意味があり、フッ素塗布は、歯の強化です。これらにより、お子さまのむし歯予防が効果的に行えます。

発育途中の早期発見により健全なかみ合わせを実現します

「早期受診・長期管理」のコンセプトのもと、当院では、将来、歯並びが悪くなるかもしれないというお子さまの、咬合誘導を行っています。

発育途中での歯並びや噛み合わせの異常をすばやく発見し、口に関わる発育を正しく導くことで、永久歯の噛み合わせも健全となります。

電話番号 028-649-8020